2017/07/21

8回目の誕生日

昨日は旦那さんのお誕生日でした

おめでとう

そしていつもありがとう

ちょっと早めに帰って来れて

みんなでゆっくりごはん

今週はお義母さんも来てくれていて

私ものんびり

いいことも大変なことも色々あるけれど

一緒にゆったり過ごせる時間があって

他愛もないことに笑える

そういうことに心ゆるむこのごろ



どっか行きたいなあ

今から出発したらブルターニュの大西洋まで行けるなあ

行っちゃいたいけど無理やなあ

この夏は長いバカンスがないのでみんなで妄想にふける

ガイドブックもってきて

宿もあるかなあなんてネットで見出して

ここ行ったことないから行きたいわあ

なんて言ってたら

ああなんか行けそうな気してきた

行っちゃおうか

ということになって

今日の夜から1泊だけ出発します

子供たちがいると入念な用意とかが必要で腰も重くなるけど

こうして思いつきで動ける

その感覚がまだあったことが密かに嬉しい 笑

いってきます 

歳を重ねて

愉しいことも重ねて

 


 






夏の果実

マルシェの果物農家さん

夏の太陽浴びた果物たちが眩しいくらい鮮やかに並んでる

新鮮なのをその日のうちにそのまま食べるのが一番おいしいけど

お買い得なときに買ってジャムやシロップに

フランスは市販のも十分おいしいんやけど

やっぱり果物から作ると

本物の果物の味がしっかりするのができる

そして部屋中に広がる甘酸っぱい香りは幸せのひととき

子供たちが寝てるときにこそこそ台所で働く気分転換

 カシスことこと

 透ける黒にちかい紫

なんてきれいな色だろう

苺の赤もなんてかわいらしいんだろう

作るたびに質感がちがう

火の入れ方とか果物の水分量とかかなあ

理科の実験みたいでたのし

今度は何の果物で何をつくろうかなあ

いつか果物の木がある家に住むのが夢

家で採れたもので保存食作り

ああー想像しただけで愉しくなる

まだまだ先の話

 

2017/07/17

作る過程

最近

何か作りたい

言うようになった娘

料理をするときもお野菜とナイフ持たせたらうまいことやってる

たまごを割ったり小麦粉ふるいにかけたり

まぜまぜ

食べ物の色カタチが変わっていくのが面白いみたい

なんでも自分でやりたがるから

めちゃくちゃになるけど

味見したりいい香りがほわーんと漂ったり

手作りはおいしたのし


そば粉のクッキーにミラベルのジャム

夏のオーブンは暑いし

フランスはおいしいクッキー山ほどあるけど

それがどうやってできてるのか

興味しんしんな瞳のキラキラ

えーいまそれー

めんどくさいなー

もういいからー

本音そんな風に思ってしまうことも多々あるけど

いかんいかん 

好奇心をいっぱいの心

大事にしよう



 

2017/07/14

生後3ヶ月

生後3ヶ月がたちました

もうかわいくてかわいくて

ぷにぷに赤ちゃんってこんなにもかわいいのね

噛み締めています

寝るときにぎゅーっとしてにおいをくんくん嗅ぐと

いちごミルクのような甘くて爽やかでやさしい香りがする

娘のときはたまごボーロみたいだった

やっぱり匂いも違うんだなあ

手をぎゅっとにぎってぐーぱんち

むちむちの足をぴょんぴょん

お腹をぽかぽかたたいてみたり

横に寝転がってたら動きがパワフルで寝れない 笑

さすが男の子なかんじ

首ももうすぐ座りそうできょろきょろできるようになってきた

たまに偶然おもちゃをにぎってたり私の服つかんでたり

つぶらな瞳でいろいろなものを追いかけて

じーっとぽよーんこちらを見つめている

なにを想ってるのかしら

ああ かわいい

いつもかまってあげられなくてごめんね

抱っこ おっぱい 手をにぎって

息子と見つめ合うひとときは静かで愛に溢れるふたりの大切な時間

あったかくて心がふにゃふにゃにとろける

体内時計もしっかりしてきて

朝はまどろんでのんびり

お昼前にちょっと泣いておっぱい

お昼すぎはご機嫌におしゃべりしたりよく運動して愉しそうにしてる

18時くらいに黄昏泣きをして

お風呂に入れたら1日1番のハッスルタイム

水の中で全身をくねくねと動かし

満足げな顔をしてるのが面白い 

大きなお口あけて笑ったり

私が娘に雷落とすときは悲しそうな不安な顔してたり

姉さんがあそぼーっと来たら

興味津々な顔したり迷惑そうな顔したり

表情もいっぱい出てきた

小さいのにでんとしていて

穏やかでニコニコしていて

健康でご機嫌

ほんとにありがとう。

リラックスする方法が娘とは全然違って

娘は安心のおっぱいが必要

今もとっても甘えたでくっつくのが大好き

息子はおっぱいはお腹が空いてる時しか飲まない

泣いてるときにあげようとしても身体そらして拒否

縦抱きで歩くのがいい

どうしても泣き止まないときベッドに転がして静かにしてると落ちつく
 ↑
これは娘のときはありえなかった

普段まわりが騒がしいから

ひとりで静かにゆったりしたいのかな 

寝かしつけも本当に楽でひとりで勝手に寝てることがよくある

本当にいろいろと助かります

手をかけてあげられず申し訳ない気持ちと感謝の気持ちと。

姉さんからの嫉妬がすごくなってきたので

どうしたら仲良くできるだろうと思って

息子を膝の上にのせて腹話術風に話すことに

「おねえちゃん」とよぶと娘がとっても嬉しそうで

おままごとのごはんフルコースで作ってくれたり

音楽の流れる本でワルツを踊ってみせてくれたり
(他にも色んな踊りの音があるのだけれど娘はワルツ一筋。笑 くるくるまわる) 

一緒にあそびたい!自らリクエストしてくるようになりました

でもまだ力加減もわからないし

目を触ろうとしたり足で頭触ろうとしたり

周りでぴょんぴょんしたり

寝てるのに起こしたり 

やめようねと優しくいってもなかなかやめないけれど
(そして私がコラーっとなる)

ふとした瞬間に

これはだめ?これはいい?

確認してきてくれたりするようにもなった 

そうやんね

コントロールすることや危ないことやってはいけないこと

色々学んでるんやんね

難しいこともあるし私もつらいときもあるけれど

これも少しづつ何度も繰り返し

一緒に歩み寄っていこうね 

ふたりの子供たちを育てることで

また私も新しい扉をたくさん開いてもらっています

大変なのが9割だけれど

それでも2人がいてくれて本当に嬉しい

これからもみんなで愉しくやっていこうね

のんびり というわけにはいかないけど

出来るだけ心に余裕をもってやわらかく

元気に がいちばん大事










































2017/07/11

写真


7年前フランスで暮らし始めたとき

シェアハウスで一緒に住んでいた友人は写真家

久々の再会

彼女と友人が企画しているアトリエ

とても素敵なお花屋さんで花冠を一緒に作って

今の私を写真におさめてくれました

ありがとう




たまに誰かが写真を撮ってくれて

あまりの疲労感にひえーとなるのですが

さすが

その疲労感を哀愁漂う感じにひろってくれました


そのときに流れる空気や音

体温や感触

光や風を残すことができたら

感覚を記憶に刻むのに

写真があるととても助かる

世界や時間を一瞬で捉える

それを客観的にみて

気付かなかったものに気付いたり

自分の目では見つけることの出来なかったものを

他の人の目を通すことで見えることもある

だから写真を撮ることもみることも好き

彼女の撮る写真はとても美しいです










2017/07/10

初夏の思い出

日曜日のマルシェへとぼとぼ繰り出す

先週は両親がいて一緒に歩いてたのが

なんだか遠い夢のよう

わたし心からリラックスしていたなあ

娘も好き放題たのしんでたなあ

ほっとする存在

こんな遠くまで会いに来てくれる

愛だなあ

ほんとにありがとう

晴男の父に雨女の母

それが混ざり合ったようなお天気

晴れたと思ったら雨が振り

初夏の植物に水がつやりと滴り

グレイの空のした光が静かにかがやき

命の色濃い翠たち

初夏の思い出が刻まれていく












SNSがあれば毎日のように連絡できて

まるで距離を越えているかのような錯覚

でも本当はもっと近くにいてくれたらなあなんて。

遠くにきたのは自分たちの選択

寂しいけれどいつも見守って支えてくれる

元気でいてくれる

それだけでもなんてありがたいことだろう

ありがとう
ありがとう

 いつまでこんな行ったり来たりできるかわからないから

今のこの瞬間の思い出を

大事に大事に心に刻んで

それが娘や息子の心にも温かく残りますように。

祖母に姉に親戚や母の友人 

たくさんの贈り物もいただきました

この場をかりてお礼もうしあげます

ありがとうございました。

感謝の気持ちで心が満たされるとき

とてもあたたかく優しく心地いい 

いつもこんな状態にいれるようにしたいなあ

遠くにいるみなさまに

想いを馳せます















2017/07/07

夏野菜とモッツァレラ

今日は朝5時半から起床

なんか食べたい目覚まし娘

おねがいやから寝かしてコール

容赦なし

そのおかげで昼前からお昼寝してくれて

久々にゆっくりお昼ご飯

サラダのフルコース堪能

夏野菜とモッツァレラは最高のコンビ

夏になったらこればっかり

 生のズッキーニを薄切りと空豆にレモンバジル

 トマトの湯剥きに生ハム

 生のビーツに紫キャベツとフランボワーズ

全部レモン汁かバルサミコと塩にオリーブオイルのみ

とても素敵な料理本をみつけたから

また料理が愉しい 
白いお皿の魅力も再発見
 あーしかしよう食べた

授乳中の胃袋底なし



2017/07/05

SAM SZAFRAN


パリを離れてからなかなか美術館には行けていない

芸術が恋しい

子育てはかわいいかわいい

きれいごとだけではすまない

心や命と向き合うことがこれほど深く大変で感慨深いものとは

娘が2歳になるまで気がつかなかったなあ

新しい階段をのぼり中

そんな母は少し頭をぽかーんとさせたい

芸術に触れていつもとは違う視野をふんわりひらきたい

両親と一緒に訪れたChaumont城 

お城が美術館のようになっていました

そのなかでとびきり私の心に沁みてきた絵

SAM SZAFRAN



葉脈が透けるような繊細な筆さばきと色彩

生きている陰翳 

絵の中に美しい時間がゆったり流れる

ずーっと見ていたい

日常の中の詩的な時間なんて

今は皆無

でもこうして感性に響くものに出会うと

閉じていたものがひらいてくるような感覚

それがとても気持ちよくてうれしかった



 












2017/07/04

ふくざつなきもち

ふう

荒波に揉まれていました

猛暑でイライラして変なスイッチが目覚めたのか

怪獣ぶりもいいところだった娘

私は雷おばはん

こんなかわいい愛しい我が子に

イライラ止まらず雷落としまくる自分にひく

2人の間に稲妻が走り続けていました

息子と3人の生活が板についてきたところで

新鮮さはもうなくなり

色々な変化を感じ始めた娘は改めて赤ちゃんかえり

息子への嫉妬をむき出しにして

ほっぺを引っ張る引っ掻く

べしべし叩く足でける

上にのっかる

私はそれで猛烈に怒るのだけれど

そうすると矛先を私にむけて暴力をふるう

そしたら私もまたぷちん

何か気に入らないことがあると泣き叫び

いやいやいやいやーと本人も何がいやかわからないくらい暴れ

モノを投げる

もう手のつけようがない

こんな日が毎日続き

旦那さんは激務の1週間で朝早く夜遅い

心身ともにこてんぱんになって

遂には蕁麻疹がでてきて

疲れて寝たいのに痒くて寝れない

つらいー

怒りたくないのに怒ってしまう

仲良くしたいのに出来ない

悲しくてたまらない

娘の心は今とても複雑

心が満たされずフラストレーションがたまり

そんな心を表現できないから爆発して発散するしかない

好きだけど腹がたつ

やってはいけないとわかってるのにやってみる

あまのじゃくな態度

親として私が出来ることは

たくさん抱きしめて

伝えるべきことは伝えて

あとは待つことしかできない

わかってるのに出来ない

自分の未熟さをひしひしと感じ

どうしたらいいのかわからない暗黒の渦に突入

こんなときはSOSしかない

腹割って話せるママ友に愚痴をきいてもらい

一緒やでーこんなんしてみたらーなどと安心させてもらい

そしてなによりも心強かったのは

このタイミングで両親がはるばる日本から来てくれたこと

前々から予定していたのだけれど

本当に必要なときに側にいてくれる

こんなにありがたいことはない

さすがのじーじとちゃーちゃん(ばーば)

なんでも好きなようにやりたい放題させてくれて

愉しいことしかないような毎日

不機嫌な目つきにキラキラの輝きがもどって

笑顔も溢れて

全身が生き生きしていた

我儘も言いまくってたけど

それを聞いてくれる存在がいることに安心している様子

そうやんね

全てを受けて入れてくれる存在

それが必要やったんやんね

ああ

よかったよかったよかった

本当によかった

私もゆっくりさせてもらい

母と喋りまくってすっきり

体調も戻ってほっ

状況が好転しました

本当に両親さまさま

今までも感謝してもしきれないくらいだけれど

今回は最上級の感謝です

親子共々救ってもらいました

ありがとうー

今日からまた日中3人の生活に戻って

どうなるかわからないけれど

3人一緒にベッドに転がって

娘とぴったりくっついて抱き合ったり

頬を撫でて気持ち良さそうに眠りに落ちる姿をみてると

なんじゃかんじゃあっても

私たち愛し合ってるなあ

一生懸命生きていこう

そんな気持ちになれるのでした

*****

石井ゆかりさんの魚座の占いに書いてあったこと

あまりに今の状況にぴったりでしっくりきたのでメモ

○「今起こっているのが良いことか悪いことかなどということを越えて、
あるべき方向にのしのし向かっている」
という感じがするものです。
でも
もし今、大きな船に乗せられて、
自然に進んで行くように感じられたとしても
その船を進めているのは
あくまで貴方自身の闘いであり、模索であり、
愛であり、創造なのだろうと思います。


○愛するということが
相手の幸福のために生きる
ということであるとすれば
相手の幸福と自分の願望が拮抗した場合
私たちは、自分自身の願望と戦うことになります。
あるいは
「自分がやっていることは、本当に相手のためになるのか?」
という、どこにも「正解」のない問いに
ずっと向き合い続けることになります。
ゆえに
真剣な愛を生きている人や
本当に好きなことに取り組んでいる人は
たいてい難しい顔をしていますし
苦しそうでもあります。
それでも人間は何かを、誰かを、愛そうとします。
そして、その苦悩が何らかの形で報われる、
そのことへの希望を持ち続けます。
希望と願望の違いは、
希望には「具体的な答え」はない
ということです。
いつか光あふれる時間が来る、
という思いは、決して
その「光」が何によってもたらされるのかを、限定しません。
「なにかはわからないけれど、なにかいいものがくるだろう」
というのが「希望」なのだとして
今週、あなたが愛について長いこと抱いてきた希望を
叶えられる場面もあるのではないかと思います。




























2017/06/21

うみはひろい

週末は友人宅にお泊まり小旅行

息子を連れてのはじめての外泊

本人は車でスヤスヤ

違うベッドでもスヤスヤ

どこいってもご機嫌

何て楽な子なのだろう

ありがたやありがたや

姉さんのほうは

車でギャン泣き

友達の息子くんのおもちゃを片っ端から奪って泣かし

我儘言い放題

かわいいときとひどいときのギャップ激しい 

めちゃ気つよい

これ なんとかせんなあかんのちゃうか

少し不安になってしまうほど

この1ヶ月はちょっと情緒不安定なかんじ

私もイライラが多いし

新しい壁を乗り越えようとしてるところなのかなあ

どうしたらいいのか

答えがないから難しい

そんなこんなでモヤモヤしながらも

海にいってきました

大西洋の碧

地中海とはちがって

大西洋の海岸はものすごく広大で

砂浜も海もどこまでも続いていくような空間

ぜーんぜん怖がらず

パシャパシャ愉しそうにあそぶ姿

やっぱり自然の中にいるのが一番いいね




 うみはひろい 

気持ちがいい

でも風がつよくて砂まみれ

赤子連れにはハードルたかし

持っていくべき物や対策

いろいろと勉強になりました

またいこうね








あそび

 6月の猛暑

お疲れ気味+夜間授乳で軽い脱水症状

バテてしまいました

暑くてイライラするのか娘はすこぶるご機嫌ななめ

みんなイライラしてるのか

窓をあけてたら怒鳴り声や喧嘩の声がよく聴こえる

めっちゃわかりやすい 笑

私も雷落として怒ってしまって

どうしたものかと悩む

太陽ぎんぎらぎんで外にでれず

お家あそび

いろいろと試行錯誤中

なんだかワンダフルなこと

想像力をはたらかせてあそぶ愉しみ

わくわくする瞳や夢中になる姿

私も愉しめるように


  息子のお世話をしながら家事をしてとなると

娘がひとりで遊んでくれてるととても助かる

でもやっぱり一緒にあそぶ時間は大切

その時間に怒ったりするのは切ないから工夫が必要

おもちゃ渡してはいどうぞ

ではなくて

一緒に遊んで世界をひろげる 

ふたりにとっていい刺激になるように

 積み重ねるあそびしかしてなかった積み木

お家を作って物語をつくって

昨日は動物さんを招いてお料理をしてあげるの巻

木のかけらがにんじんになったりソーセージになったり

色んなシチュエーション設定をしてあそんでいこう

スタンプ絵の具

ポンポン押したり指でのばしたり

ぐちゅぐちゃになるけど

自由に色や感触

一緒につくるよろこび

今度は絵の具もやってみよう

あー

しかし暑い



 








2017/06/14

お花屋さん

旧市街の高台にあるとっておきの場所

引っ越ししたてのとき

大きなお腹抱えて娘とあてもなく散歩してた

偶然ひょっこり見つけたお店

生産者さんがいるマルシェ
素敵なお花屋さん
自然を感じられる場所

この3つがあれば新しい街でもやっていける

そんな気持ちを満たして安心させてくれたお花屋さん

 友人への贈り物をさがしに




 娘が選んだお花

もう長くはもたいないから、とプレゼントしてくれた

嬉しくて小躍りする人

お花は心をぱあーっつ開いてくれるね 

るんるんで旧市街をお散歩


どこかの窓から素敵なクラッシック音楽が聴こえてきた

クラッシック音楽のことをなぜかMusique Paillon(蝶蝶の音楽)という娘 

きこえる!と耳を澄まして立ち止まって

詩的な世界につれってってもらった

あーつかれた

どこにでもちょこんと座る

6月の昼下がり

雲の中に隠れた光がきもちいい




生後2ヶ月

生後2ヶ月の記録

すくすく大きくなっています

朝起きてみるたびに大きくなってる気がするくらい

どっしりでーんとしてる

足をぴょんぴょんして運動したり

泣くときのパワーもどんどん強く全身の表現に

首も左右に自分で動かして興味津々の目

生後一ヶ月はぽわーんと目を開いているだけの感じだったけど

今はもうしっかりとした意思を感じる

あーうーお話してくれたり

きゃっきゃと声を出して笑ったり

ぽよーんと気持ちよさそうにしてたり

表情がでてきて面白い

ほっぺたはとろけ落ちそうなくらいぷにぷに

小さな身体の小さなムーブメント

もうかわいくてかわいくて

何度もぎゅーとしたくなる

生後2ヶ月ってこんなにしっかりしてたっけ

娘と違うなあと思うところは

ひとりで寝落ちするところ

おっぱいあげてベビーベッドに転がしておいて

ふと見ると勝手に寝ている

す、すごい・・

娘の時はおっぱいで寝落ちか抱っこじゃなきゃ無理やったなあ

泣いていてもすぐに行ってあげられなかったり

ずっと構ってあげられないけど

息子は息子でマイペースに過ごしている感じがする

昼と夜のリズムもついてきて

黄昏れ泣きもはじまり

お出かけも手慣れてきた

娘はというと

弟がかわいいみたいでずっと構いたい

朝起きたらまずおはようを言いにきて

横に転がってほっぺを触ったりちゅっとしたり抱きしめてたり

息子も迷惑そうなときもあるけど

嬉しそうににやっと笑ったり

にこーっと満面の笑みをしたり

 喜んでるよー
大きくなったね
可愛いね

泣いてたら

みんないるよ大丈夫
 ちょっと待ってねー
おっぱいのみたいの
うんちでたの

いっぱい話しかけてる

最近はベビーベッドに上って忍び込む方法をあみだし

気がついたら一緒にふたりでゴロゴロしてる
(やめてー)

寝てても遊びたいので

息子が起きて泣いてしまうこともしばしば

せっかく寝てるのにー!ひー!となるけど

おかまいなしの娘 

1ヶ月たって心は安定したようにみえたけど

この1ヶ月はまた新たな壁にぶちあたってるよう

私が娘にすぐにかまってあげられないことや

息子が泣いてたら何か一緒にしてても中断してしまうこと

息子を抱っこしてお散歩してたら抱っこをせがまれても出来ないこと

「我慢する」

これが今の最大の課題じゃないかなあ

息子が大泣きしてるときに娘も癇癪起こして怒ってきたり
(構ってあげられないから)

娘を寝かしつけしてるときに息子が泣き出したり

もうどうすりゃいいの

途方にくれて現実逃避したくなるときもしばしばあり

どっと疲れてイライラしてしまったり

この1ヶ月は今まで一番大きな声で怒ってしまってた気がする

気持ちを抑えられなくなってしまう大人気ない態度・・

いろいろと難しい

私も最初の1ヶ月は自分のケアに新しいリズムに適応するのに必死だったけど

生活が板についてきたぶん

どうすれば伝わるのか 
受け止められるのか
怒らず対応できるのか

 100%構ってあげられない分どうやってカバーするのか

何を優先すべきなのか
何を大切にしていきたいのか

子供たちとの関係と方法を試行錯誤

まだ少し時間がかかりそう


どれだけ疲れたりストレスになったりしても

触れ合う時間は

愛に溢れる時間

ここにいてくれるだけで幸せ 

ありがとう

この気持ちが一番大事

 




2017/06/07

薔薇の楽園

家から一番近い公園

ひさしぶりに行ってみたら
楽園のようになっていました

薔薇と彩りと香り

子供たちの笑い声に鳥のさえずり

蒼い空と光

花びらの舞いをしたり

かくれんぼしたり

遊具以外のお散歩みちが素敵だと

母も陽気にうきうき





美しいものの側にいると

心が満たされて

心が満たされると
優しくなれる

単純

2017/06/06

Campagne

お家の工事は一通りおわり

息子との外出も板についてきたので

週末は今住んでる地方をせっせと開拓

お外に出て色んなものを見て体験して

人と出会い

自然を発見する

親も子供もいろんな刺激や癒しやインスピレーションをもらう

この土地と仲良くなる

この1ヶ月は地域のオーガニック農家さんのオープン畑をやっているので

さっそく行ってみました

森をぬけて辿り着いた静かなところ

明るくて優しいおばちゃんたちが迎えてくれました 

わあ

古い納屋

お庭に咲くお花たち

さくらんぼ
プルーン
ミラベル
洋梨

果物の木がたくさん

ニワトリやアヒルがぴこぴこ歩きまわっていて

ヒツジやうさぎも

畑にはたくさんの野菜とハーブ

夢のようなところ

いつかこんな暮らし、憧れるなあ

家族の古くからの土地で

更地を畑にしたそう

おばちゃんとおばあちゃんが2人でやってる

なんてパワフルなんだ










裸足になって走り回って

生まれたてのひよこさんを手に抱かしてくれた

めちゃくちゃ不機嫌だった娘も自然と笑顔に

みんなに優しくしてもらって

大地のエネルギーで身体をチャージして

のびのび過ごす姿は本当に幸せそう

Merci beaucoup!


これからも

こうして色んな人の暮らしぶりを見せていただいて

自分たちがどのような暮らしをしていきたいのか

長い目でみてフィールドワーク

調査と熟考 

理想と現実のバランスをとりながら

いろんな夢と計画を温めていきたいなあと思います



 


 

 

機嫌がわるい

昨日は朝起きた瞬間からこっぴどく機嫌の悪かった娘

言うこときかない はいつものことだけれど

昨日は珍しく私が怒っても反抗
(パパにはよく反抗してる)

押したり叩いたりしてきた

娘が私にそんな態度をとるのははじめて

我儘は今の時期はしょうがない

でも暴力はあかんよ

何回も何回も伝えたけど

全然話し聞かない

むしろエスカレート

悪いことってわかってること

ひたすらやり続け

だんだん私もふつふつと怒りが

旦那さんもぴりぴり

大変な1日だった

新しい課題が見えた日


何かが娘の中を通過した

翌日にはいつものかわいいやんちゃ我儘に

昨日はなんやったんやろう

体調が悪かったのかな

これも成長の過程なのかな

子育てには経験したことのない波が突然やってくる

それをどう乗りこなしていけるか

そこから何を学びあえるのか

布団に入って1日を振り返って

ああ大変だったなあと思い返すけど

健康で日々普通に過ごしている

事故も怪我もない

うんちが漏れたとか植木鉢割られたとかで

あーれーぶーぶー言ってるのは

なんだかんだ平和なのだ






芥子の花

目にとびこんでくる赤い花

どこまでも続いて


ひらひらと風にゆられ

時間がとまるような瞬間の光景


車をとめて

しばらく眺めていた 



 

2017/06/01

ルバーブのタルト


旦那さん手作りのルバーブのタルト

甘酸っぱい初夏の味 

待ちきれなくてつまみ食いするむちむちの手

手作りのおやつってやっぱりおいしい

ごちそうさまー

ありがとね!

こちらの街に来てから

友人がぽつりぽつりとできてきた

公園での出会い

子供たちが繋いでくれるご縁

ある日歩いていたら

「ママンー!」

全然知らない可愛い男の子が私を呼ぶ

え?わたし?

びっくりしたけれど

その子のお母さんは韓国の方らしく

間違ったみたい 笑

そこから家族でお友達に

街に知り合いの人ができると嬉しい

これからも色んな素敵な出会いがあるといいなあ








2017/05/31

Troo 

ロワール地方に引っ越ししてきて

息子を連れて

初めての少しの遠出

田園風景のなか

車を走らせて1時間

途中目に入る芥子の花の赤がとても印象的だった

到着したのは洞窟の村 Troo

ロワール川のほとり

お花が咲き乱れる静かな美しい場所










丁寧に手入れされたお花たち

洞窟のようなお家に流れる湿った空気に時の流れを感じる

どんな物語があったのかな

古い釜戸や粉挽き道具

時を重ねたものの朽ちる美しさ 

森とはまた違う魅力

フランスには時が止まったような美しい村がたくさんある

暮らしのかけらを垣間みて

また新しい夢をみる

生きることへのインスピレーション