2018/01/18

結婚記念日


1月14日日曜日

6年目の結婚記念日

おめでとう

ありがとう

はやいもんやねえ

いつもどおりマルシェにいって

おいしいごはんを食べて

みんなで昼寝してのんびり

愛おしい日常

一緒に写真をながめた

まだ2人だけだった頃

結婚式の

子どもたちが産まれたときの

3人に 4人に

記憶を辿る

忘れていたもの

きらきらと蘇る

かけがえのない時間を過ごして来たのだなあ

一緒に歩んで来てるねえ

浮き沈みあり

これからもきっとこんなかんじなんやろなあ

仲良くね

2人の時間も大切に愉しみにしてこ

こうしたいああしたい

なにしたいどこいきたい

まだ途中

夢はひろがるばかり

同じ方向をみて

進んでいけることは

あたたかく心強い

一緒にいれるよろこび 

感謝して

大切に

これからも

大きくまるくふかく

愉しんでいけますように

よろしくお願いします

 みんなで貝をむしゃむしゃ

お出汁でクラムチャウダー

これからも

おいしいもの

たくさん食べていこう













2018/01/11

七草粥

無病息災

健康であることに感謝

健やかにすごせるようにいつも心がけたいです

七草粥

といっても七草はこちらでは揃わないので

クレソンとケールに水菜と蕪

あるもので


 誰も食べてくれない

のでひとりでほっと一息

お出汁からとってからだポカポカ

胃にもやさしい

離乳食の息子と一緒に

来年覚えていたら

リゾットに

グリーンの葉のペーストにしよう

そしたらみんな食べてくれるかなあ


2018/01/09

生後8ヶ月

息子が生後8ヶ月に

いつのまに!もう!

はやいー

息子はいつもおおらかでのんびり

ずりばいでおもちゃをあさり姉さんに怒られ

それでもあっちこっちににょろにょろ移動いては

すきなように遊んでる

姉さんがいないときは好き放題して

そのまま床であそびつかれて倒れて寝ていたりする 

すごい神経 太いね 笑

ふんがふんが進んでいくまるい身体

おもしろいものを見つけたときのキラーンとした目

これはなんだ という不思議そうな目

うれしいときのにやりとした顔

何かできたときやつかまり立ちのドや顔 

おっぱい呑みながらチラ見と笑顔

小さいすべすべモチモチのお手て

羽根のように柔らかくわたしの肌を撫でてくれる

最高にやさしい感触

ほわほわの身体と体温と香り

抱っこしてほっぺを合わせると幸せになれる

姉さんに激しく絡まれてもゲラゲラ笑い

イヤなときはちゃんと泣き

ふたりであそぶのはふたりとも愉しいみたい

夜寝かしつけをして

あーやっと寝た!と部屋を出て

数分後に戻ると

2人でおもちゃで遊んでいて

ふたりのはっとした表情

なんやこれー!寝たんちゃうんかい!となったのも 

なんか愉しい思い出

顔もだんだん似てきて

姉弟らしくなってきたなあ

年末年始は珍しく不機嫌な夜が多く

夜中に何回も起きて

おっぱい呑んで離したらまた泣く

みたいのが繰り返され

年明けの満月のときは初めての夜泣き

2時からずっと寝ず遊んだり泣いたりで

はーしんど

そう思ったら次の日には歯がにょきっと

今じゃ上の前歯は2本とも出て

下も今にも出てきそう

痛くて寝れないんやなあ

もうすぐ出てくるよ おいしいもの食べれるようなるよ

そうお話するとじっと聞いている

離乳食は全然すすまず

ドロドロ状のものは飲み込まずにおえーっと吐こうとするので

お出汁や重湯の液体状のものでしばらく様子見

スプーンになれてちょっとでも飲み込んでくれたらいいや

のんびり進めています

歯も生えて来たとこやしゆっくりでいいね

娘のほうが成長が色々と早く

感情や表現も激しめだったので

息子はほんとにのんびりゆったり

成長もゆっくりでいいよー

そんなかんじでゆるくいれるので

ほんとにかわいい癒し

最近は姿が見えなくなったら泣くので

大変なことも増えてきたけれど

赤ちゃん期のかわいさ

思う存分に愛でていたい

この特別な時期の感触や感覚は

一生記憶に焼きつけていたい

人生のなかの最高に愛おしい宝になる

 しみじみと思います

まるいおしりをあげて

もうすぐハイハイもしそうやね

何をしてもかわくてなんか面白いあなた

母の心をこんなにやわらかく温かくしてくれて

本当にありがとう

あなたが産まれて

4人でひとつ

家族の感覚がつよくなりました

これからも色々なことを学ばせてね

よろしくちゃん

 ももいろのほほぷくぷく

ふたりが寝て

ふたりの温かさをかんじ

すーすーと寝息に耳を澄ます

そのときが

1日で1番

心があたたかく愛に溢れる

毎日こんな気持ちになれるのは

なんて素敵なことなんだろう
















2018/01/08

もうすぐ3歳


娘生後2歳11ヶ月

もうすぐ3歳

毎朝

「3歳になった?」

確認してくる娘

蝋燭をつけるのを愉しみにしてる

オムツとる!宣言も自分でしてる

どんなお祝いしようかなあ

たのしみだねえ


こどもたちをみていると

毎日があたらしい

瞬間の連なりと重なり

少しづつ目に見えないようで

ある日突然目に見える大きな変化


日本から帰ってきて

娘の成長に驚きとよろこびを隠せない

イヤイヤ期がほぼおさまりました!

成長の過程であるもののややこしい時期

弟が産まれたり

幼稚園がはじまったり

娘も色々大変だったと思う

日本でみんなに愛に包んでもらって

いつも誰かが気にかけてくれて

好きなようにやらせてくれて

きっと心満たされ安心したのかなあ

まるくまるくなってきたのです

母もほっと一息

充電させてもらい

日本の家族や友人に感謝とまらず

みんなが救世主のよう

ありがたやありがたや

もうこの1年半くらいどんだけ大変やった

自分のなかの忍耐の糸がぷちっと切れること

自分がこんなに怒りをむき出しにすること

自分自身に驚くとともに

反省と試行錯誤の連続

たくさんのことを教えられました

最近は「なんで?」

禅問頭のような会話が繰り広げられ

なんでかなあ

一緒に考えるのはたのしくって

想像したり納得したり

あ!いいこと考えた!
 
あーそうか!

○○やからちゃう?

自分の考えを語ってくれる

こどもの考えることはなんて自由でゆたかで面白い

おしゃべりがほんとに愉しい

気が強くてすぐ友達に手をだしていた暴力問題も

やらなくなった
(もうこれが一番の悩みの種だったのでほんとに嬉しい)

もちろんいやーというときもあるし

言うこときかないこともあるけど

ちゃんと説明をきいてくれるし

待つ時間も苦痛でなくなってきた 

ぶーぶー言ってきても笑えるくらいの余裕がある

歩みよれる

このよろこび! 

もう今はすべてがかわいくみえてきて

かわいいかわいい

もうほんまにかわいい!

毎日ぎゅっーっとして純粋に愛し合う時間がある

やっとここまでこれた

 ほんとにうれしい

ちいさい姉さん

ほんとにがんばってるよ

 すくすくのびのび育ってくれて

本当にありがとう


 お手伝いが大好き

なんでも自分ひとりでやってみたい

いろんなことが出来るようになってきて

すごいね うれしいね

なんでもやってみよう

側で見守ること

手伝ってあげること

待つこと

母も一緒に成長させてもらってます
これからもたのしみやねー
わくわくがとまらない 

あなたの存在が

わたしのひかりと泉







2018/01/07

Soau村

年の暮れ

大好きなひとたちに会いに南へ

Soau村

 寝る前にふとんに入って目をきらきらさせる娘

起きたら会えるの?
あそべるの?
一緒にわにさんの絵を描きたい
大好きなの

そんなことをむにゃむにゃいいながら寝た

よかったね

わたしもうれしい

ずっと一緒にいて

くっついてはなれないね

夕日が世界を照らすころ

みんなで森へ散歩に

遠くを眺めるふたり

すべてが美しくみえた



 これはスパイスになる実

 みんなが光につつまれていた

Soauの森にはオオカミがいるらしい

茂みをみては「いるよ!」と叫んでいた娘

怖いのかずっと抱っこ

ちょっと前まではわたしがこの男の子を抱っこしていたのに

今はこの子が娘を抱っこしてくれてる

成長著しい命たち

感慨深い
 
白い月
蒼い空
黄金の光

同時にある

沁みてくる光景



 絵本に出てくるようなおうちに住む家族

どんなふうになりたいか

いつも夢と問いかけをくれる

そしてなぜか

この家族のパパさんと

トイレでうんちができるようになった娘

びっくり

いつだれとなにが出来るようになるか

突然やってくる成長の波


次はいつ会えるかな

いつも素敵な時間をありがとう

また会いにいくね





2018/01/05

お節

年末に風邪をひいて

ほぼ諦めかけていたお節

元旦には間に合わなかったけど

1月2日の朝

お手伝いしたい娘と

床でかまって音頭をくりひろげる息子と

わっちゃわちゃになりながら作りました
 (旦那さんは洗車にいって不在)

森や道端でひろった松や南天

日本から持って来た食材

なんとか完成

お出汁と白味噌のかおりで

日本のお正月の気分盛り上がる




これはあこちゃんのやからー!

ちいさいのはひとりじめ

伊達巻きがお気に召したようです

フランスにくるまでは

お正月はいつも家族とゆったり過ごしていました

年末に大きなお鍋をだして色々仕込み出す母

大晦日に母と祖母がお重に詰めて

お正月ようのお皿をきれいに並べて

元旦の朝にみんなでご挨拶と目標をかたり

餅を何個食べるかとか

そんなお正月ならではの思い出

フランスでもつくっていきたい

 そのとき手に入る食材と

どれくらい時間をかけられるかによって

用意できるものはきっと毎年変わるだろうけれど

定番の家庭の味

家族の時間

つくっていけるといいなあ 


新年のおめざ

パン屋のニュリーおじさん

わたしの憧れのひと

彼のブリオッシュは世界で一番だと思う

去年の最後の晩餐の〆は彼のケーキ

新年の朝のおめざは彼のパン

こんな幸せな年越し年明けパンはなし


今年もおいしいものいっぱい食べてこう