2018/12/20

今年を振り返る 個人的に


今年は特別感のある1年でした

必死に前進しようともがいていたここ数年

とても軽やかになって

なににも囚われることなく

自分自身の意思と

家族の繋がりの力で

パッと外に出て

世界の美しさや人の心の温かさ

世界に漂う輝くものにたくさん触れて

そのエネルギーの中に身を置くことが

まるで日常であるような

とても華やかで活発な1年だったように思います

未開の地 未知の世界

そんなところに足を踏み入れる喜び

自分の無知の大きさ

それに気付いてしまった感じもします

確実に何かが変わった

新しい1歩を踏み出した感覚を

漠然的に野生的に感じるのです

それと同時に

新しいことに順応していくことより

今ここにある物事を

より深めていく

色々な側面からアプローチする

試行錯誤であることはいつもとは変わらないけれど

その中で

今までとは違う思考回路が生まれてきていて

でもまだそれらは揺らぎを持っていて

確固たるものとはなっていない

それをもっと構築したい

太くて強くて真っ直ぐなもの

そんな自分の信じるものを

心の中に持ちたい


自分の中にある海のような

湧き溢れてくる感情や想いを

戸惑うことなく

真摯に見つめ

いいものも

不甲斐ないものも

認めていく

自分の感覚に正直でいる

そして世界に優しく還元して

気持ちのいいエネルギーを

循環させていく

それも自分の中の課題


今年はとにかく一人の時間を持つことの大切さに目覚め

本を読むこと

その本を誰かと共有する楽しさ

ヨガをしたり

音楽を聴いてその波長に溶けていくような瞑想

ゆっくり話すことの面白さ

そんなことに喜びをたくさん感じて

身体的にも

5月で授乳を終え

やっと自分の身体が自分だけのものに戻って

今までとは全然違う感覚で

自分を再構築再開発していきたい

そんな気持ちにもなりつつ

どうやったらいいかわからんなーと途方にくれたり

それまた試行錯誤で

自分と向き合っていこう

そんなところまで来れました

この環境にいるからこそ始められた古道具屋さんも

今はまだ趣味の延長のようで

ペースも亀さんみたいだけれど

それを通して

見る目や感性知識を養ったり

人と繋がったり

世界がまた大きくなっていくといいな




まだ言葉にできないものがたくさんある

陰と陽

善と悪

対照的なものが共存する

生きていくことの複雑さが

面白いと思えるようなってきたことは

とても前向きな気がします

いい年だったなあ
















今年を振り返る 母として

日々成長していく子どもたち

繰り返される毎日の中で

同じ瞬間はない



息子はまだ赤ちゃんの匂いがする

娘の頬に鼻をくっつけると

まだ同じような赤ちゃんの匂いがする

この匂いはいつまで残るのかな

どんどん自分の世界を広げて

離れていくけれど

この匂いがするうちは

たくさん抱きしめて甘えさせてあげたい

そんな気持ちに少し切なくなることもある

自立してほしい

手が離れると楽だなあ

ひとりでできることはひとりでやろうね

そんな気持ちと同時に

ただ何も考えずに

温かさと愛おしさを伝え合うように

触れ合って微笑み合う時間が

お互いにまだ必要だと感じてる




満たしてあげたい

全身全霊で

求めてくれるのは

言葉にならないくらいの喜び



まだひとりで出来ることは少ないけれど

自分の意思をしっかりともった息子

自分のことはできるようになってきたけれど

まだ甘えたい娘


みんなが揺れている


そんな変化が常の中

投げ出したくなるときや

振り払いたくなるときもある

自分の波

子どもの波

波長を合わせる

忍耐強く説明することも

正直に真摯にぶつかることも

時には必要だったりする

ありのままでいることが

悪いことではないと

受け入れよう

認めよう

見守ろう

待とう

循環の波の中にあることに

心地よさを感じれるように


お義母さんに言われて印象に残った言葉

息子が生まれてから

家族がまろやかになった

きっとこの子が柔らかさを持ってきたんだね

ああ

本当にそうかもしれない


家族みんなそれぞれが

それぞれのエネルギーと役割を持っていて

それを引き出して

調和しつつ

個を生かしていけるように

感覚を澄まして

支えていきたい


今年読んだ本の中で

強烈で印象的だった本がある

窪美澄さん

「不甲斐ない僕は空を見た」

ここに出てくる助産師さんのお母さん

こんなお母さんになりたい

印象に残ったシーン

お母さんが祈っているのを見て

何をお祈りしているのかを息子が聞く

お母さんはこう答える


ぜんぶのこども
これから生まれてくる子も、生まれてこられなかった子も
生きている子も死んだ子もぜんぶ


そしてこのあとがきも印象に残った


どう生きるか、生きて何をするのか、
なんのために生きるのかという賢さではなく
ただ生きて、ただここに在る
「ただ」の愚かしさと愛おしさを等分に見つめ、丸ごと肯定する
その覚悟に満ちた眼差しの深さと強さに
それこそ、ただただ圧倒されたのである



もう一冊

アガサクリスティ

「春にして君を離れ」

こちらは心がざわざわと恐怖を感じた1冊

女性として

家族を持つものとして

どう向き合うか

どう生きていくか

それを問われる1冊



見渡す限り遮るものもない砂漠
けれども私はこれまでずっと
小さな箱のような世界で暮らしてきたのだ。
玩具の子どもたち、玩具のメイドたち、そして玩具の夫と

このわたしが現実の人間ではないのかもしれない。
玩具の妻、玩具の母親なのかもしれない。


わたしは何一つ知らなかった。
愛してはいた。
しかし知らなかったのだ。
知っていなければいけなかったのに。
愛している人たちのことなら、当然知っているはずなのに。
わたしがこれまで誰についても真相を知らずに過ごしてきたのは
こうあってほしいと思うようなことを信じて
真相に直面する苦しみを避ける方が、
ずっと楽だったからだ。




今までもこれからも

少なくともあと2年は

生きることのお世話をすること

それが大きな役割としてわたしが努めることだと思う

それと同時進行で

母として、一人の人間として

どのように生きていくかを

示していけるよう

道を切り開いて生きたい

深みを持ちたい



こうしていつも

刺激や問いかけや課題

愛と喜びと癒し

楽しいと笑える日々

近くても遠くても

今を生きているということを共有できる存在が

いてくれること

感謝して

今年を締めくくりたいと思います

よいお年を






























2018/12/17

気づき


最近自分自身について気付いたこと

自分の持つ感覚や溢れ出てくるものには素直でいれて

抽象的なものを捉えたり

それを言動で示すこともできる

柔軟でいることもできる

変化も怖くない

貪欲でもある

それとは反対に

何かに対して大きな覚悟を決めたり

深く掘り下げて根を張らせたり

考えて考えて考えぬいて

感情とは別の部分で

自分自身の指針をコントロールしたり

そういうことを苦手としてきていた


時間をかけても変わらないものを持ち続けること

会話や思考を繰り返し

アップロードするのではなく

深めていく

何か重みのあるものを

自分の深い部分で

苦しいものとしてではなく

温かいものとして

安心できるものとして

一生かけて大切にしていく


そんなことに憧れを抱くこの頃




18年来の友人

いつかヨーロッパで会えるという願いを

叶えることができた

会いにきてくれてありがとう

1200年代に作られた礼拝堂

音楽の天使たちに囲まれている

そこにいる彼女を見て

時間の流れの中で

大切に持ち続けることができることの喜びを感じた



2018/12/13

一呼吸

時間が経つのが早い

もう12月も中頃

ここ最近は色々な動きがあり

活発で豊かな日々

PCから遠のいてしまって

記録しておきたいこともたくさんあるけれど

今を生きることにエネルギーを注いでいて

それがうまく循環しているので

立ち止まる暇がない

ありがたくもそんな感じです



もうすぐ今年が終わる

少しづつ振り返って

過ぎ行く日々を慈しむ時間を作ろう

今も未来も過去も

繋がりの中にあること

忘れないようにしよう





2018/11/22

温泉

オーヴェルニュの山奥

秘密の場所

湧き出る秘湯

硫黄の香りと

暖かい湯気の気配

郷愁の念にかられる


土の上で服を脱いで

木の枝に荷物引っ掛けて

家族みんなで入浴する

ぽわー

日曜日の朝

来ている人たちも

みんなほのぼの

浸かりながら

蕪を食べているマダムまでいる 

久しぶりに身体の芯まで温もった

水をごくごく飲んだら

隅々にまで沁みていった

ああ

気持ちがよい



こんなところがフランスにもあるんだ

オーヴェルニュに引っ越ししようか

そんな話が湧き出るくらい

心掴まれてしまった

お義母さんは喜んでくれている




フランスの秋

こんなに味わい尽くしているのは

5年目にして初めてのこと

秋が一番好きになった




2018/11/16

パオ

パオの中で過ごす

夕暮れのお茶時間

差し込む光に映ろう

優しい陰の中

まるい空間

暖炉の火の温もり

薔薇の香りのお茶が身に沁みた








後日旦那さんと将来について話す

私たちはなかなか足が地につかないけれど

どんな暮らしをしたいか

確かめ合う

のびのびできる土地があって

小さい小屋みたいな家と畑とパオを一つ

パオの中でヨガをしたり

料理したり

色々なアトリエみたいなのが出来るといいな

お客さんが来た時も泊まれるし

まず一つ立てておけば

小屋を作るにしても家を工事するにしても

仮の住まいとして使えるし

パオってめっちゃいいやん

合意

新しい目標の一つ














2018/11/14

森を抜けて

オーヴェルニュの秋


山粧う

溢れる色に

心染まる




ヤクの赤ちゃんが産まれたから

会いに行く

ふかふかの落ち葉の路

足音まで柔らかい




 もじゃもじゃ

3匹一緒にいる

家族なんだなあ

ヤクにはヤクの絆や世界がある

それを垣間見れた気がして

あたたかい気持ちになった




ロバさんが背中に乗せてくれた

大きいロバさんは 噛まれる!と思って怖かったらしい

息子は顔くしゃくしゃにして泣いてた

ありがとうロバさん



知人たちの暮らしを見て

強い憧れを感じた

もう少し歳をとったら

こんな生活してみたい