2017/07/21

8回目の誕生日

昨日は旦那さんのお誕生日でした

おめでとう

そしていつもありがとう

ちょっと早めに帰って来れて

みんなでゆっくりごはん

今週はお義母さんも来てくれていて

私ものんびり

いいことも大変なことも色々あるけれど

一緒にゆったり過ごせる時間があって

他愛もないことに笑える

そういうことに心ゆるむこのごろ



どっか行きたいなあ

今から出発したらブルターニュの大西洋まで行けるなあ

行っちゃいたいけど無理やなあ

この夏は長いバカンスがないのでみんなで妄想にふける

ガイドブックもってきて

宿もあるかなあなんてネットで見出して

ここ行ったことないから行きたいわあ

なんて言ってたら

ああなんか行けそうな気してきた

行っちゃおうか

ということになって

今日の夜から1泊だけ出発します

子供たちがいると入念な用意とかが必要で腰も重くなるけど

こうして思いつきで動ける

その感覚がまだあったことが密かに嬉しい 笑

いってきます 

歳を重ねて

愉しいことも重ねて

 


 






夏の果実

マルシェの果物農家さん

夏の太陽浴びた果物たちが眩しいくらい鮮やかに並んでる

新鮮なのをその日のうちにそのまま食べるのが一番おいしいけど

お買い得なときに買ってジャムやシロップに

フランスは市販のも十分おいしいんやけど

やっぱり果物から作ると

本物の果物の味がしっかりするのができる

そして部屋中に広がる甘酸っぱい香りは幸せのひととき

子供たちが寝てるときにこそこそ台所で働く気分転換

 カシスことこと

 透ける黒にちかい紫

なんてきれいな色だろう

苺の赤もなんてかわいらしいんだろう

作るたびに質感がちがう

火の入れ方とか果物の水分量とかかなあ

理科の実験みたいでたのし

今度は何の果物で何をつくろうかなあ

いつか果物の木がある家に住むのが夢

家で採れたもので保存食作り

ああー想像しただけで愉しくなる

まだまだ先の話

 

2017/07/17

作る過程

最近

何か作りたい

言うようになった娘

料理をするときもお野菜とナイフ持たせたらうまいことやってる

たまごを割ったり小麦粉ふるいにかけたり

まぜまぜ

食べ物の色カタチが変わっていくのが面白いみたい

なんでも自分でやりたがるから

めちゃくちゃになるけど

味見したりいい香りがほわーんと漂ったり

手作りはおいしたのし


そば粉のクッキーにミラベルのジャム

夏のオーブンは暑いし

フランスはおいしいクッキー山ほどあるけど

それがどうやってできてるのか

興味しんしんな瞳のキラキラ

えーいまそれー

めんどくさいなー

もういいからー

本音そんな風に思ってしまうことも多々あるけど

いかんいかん 

好奇心をいっぱいの心

大事にしよう



 

2017/07/14

生後3ヶ月

生後3ヶ月がたちました

もうかわいくてかわいくて

ぷにぷに赤ちゃんってこんなにもかわいいのね

噛み締めています

寝るときにぎゅーっとしてにおいをくんくん嗅ぐと

いちごミルクのような甘くて爽やかでやさしい香りがする

娘のときはたまごボーロみたいだった

やっぱり匂いも違うんだなあ

手をぎゅっとにぎってぐーぱんち

むちむちの足をぴょんぴょん

お腹をぽかぽかたたいてみたり

横に寝転がってたら動きがパワフルで寝れない 笑

さすが男の子なかんじ

首ももうすぐ座りそうできょろきょろできるようになってきた

たまに偶然おもちゃをにぎってたり私の服つかんでたり

つぶらな瞳でいろいろなものを追いかけて

じーっとぽよーんこちらを見つめている

なにを想ってるのかしら

ああ かわいい

いつもかまってあげられなくてごめんね

抱っこ おっぱい 手をにぎって

息子と見つめ合うひとときは静かで愛に溢れるふたりの大切な時間

あったかくて心がふにゃふにゃにとろける

体内時計もしっかりしてきて

朝はまどろんでのんびり

お昼前にちょっと泣いておっぱい

お昼すぎはご機嫌におしゃべりしたりよく運動して愉しそうにしてる

18時くらいに黄昏泣きをして

お風呂に入れたら1日1番のハッスルタイム

水の中で全身をくねくねと動かし

満足げな顔をしてるのが面白い 

大きなお口あけて笑ったり

私が娘に雷落とすときは悲しそうな不安な顔してたり

姉さんがあそぼーっと来たら

興味津々な顔したり迷惑そうな顔したり

表情もいっぱい出てきた

小さいのにでんとしていて

穏やかでニコニコしていて

健康でご機嫌

ほんとにありがとう。

リラックスする方法が娘とは全然違って

娘は安心のおっぱいが必要

今もとっても甘えたでくっつくのが大好き

息子はおっぱいはお腹が空いてる時しか飲まない

泣いてるときにあげようとしても身体そらして拒否

縦抱きで歩くのがいい

どうしても泣き止まないときベッドに転がして静かにしてると落ちつく
 ↑
これは娘のときはありえなかった

普段まわりが騒がしいから

ひとりで静かにゆったりしたいのかな 

寝かしつけも本当に楽でひとりで勝手に寝てることがよくある

本当にいろいろと助かります

手をかけてあげられず申し訳ない気持ちと感謝の気持ちと。

姉さんからの嫉妬がすごくなってきたので

どうしたら仲良くできるだろうと思って

息子を膝の上にのせて腹話術風に話すことに

「おねえちゃん」とよぶと娘がとっても嬉しそうで

おままごとのごはんフルコースで作ってくれたり

音楽の流れる本でワルツを踊ってみせてくれたり
(他にも色んな踊りの音があるのだけれど娘はワルツ一筋。笑 くるくるまわる) 

一緒にあそびたい!自らリクエストしてくるようになりました

でもまだ力加減もわからないし

目を触ろうとしたり足で頭触ろうとしたり

周りでぴょんぴょんしたり

寝てるのに起こしたり 

やめようねと優しくいってもなかなかやめないけれど
(そして私がコラーっとなる)

ふとした瞬間に

これはだめ?これはいい?

確認してきてくれたりするようにもなった 

そうやんね

コントロールすることや危ないことやってはいけないこと

色々学んでるんやんね

難しいこともあるし私もつらいときもあるけれど

これも少しづつ何度も繰り返し

一緒に歩み寄っていこうね 

ふたりの子供たちを育てることで

また私も新しい扉をたくさん開いてもらっています

大変なのが9割だけれど

それでも2人がいてくれて本当に嬉しい

これからもみんなで愉しくやっていこうね

のんびり というわけにはいかないけど

出来るだけ心に余裕をもってやわらかく

元気に がいちばん大事










































2017/07/11

写真


7年前フランスで暮らし始めたとき

シェアハウスで一緒に住んでいた友人は写真家

久々の再会

彼女と友人が企画しているアトリエ

とても素敵なお花屋さんで花冠を一緒に作って

今の私を写真におさめてくれました

ありがとう




たまに誰かが写真を撮ってくれて

あまりの疲労感にひえーとなるのですが

さすが

その疲労感を哀愁漂う感じにひろってくれました


そのときに流れる空気や音

体温や感触

光や風を残すことができたら

感覚を記憶に刻むのに

写真があるととても助かる

世界や時間を一瞬で捉える

それを客観的にみて

気付かなかったものに気付いたり

自分の目では見つけることの出来なかったものを

他の人の目を通すことで見えることもある

だから写真を撮ることもみることも好き

彼女の撮る写真はとても美しいです










2017/07/10

初夏の思い出

日曜日のマルシェへとぼとぼ繰り出す

先週は両親がいて一緒に歩いてたのが

なんだか遠い夢のよう

わたし心からリラックスしていたなあ

娘も好き放題たのしんでたなあ

ほっとする存在

こんな遠くまで会いに来てくれる

愛だなあ

ほんとにありがとう

晴男の父に雨女の母

それが混ざり合ったようなお天気

晴れたと思ったら雨が振り

初夏の植物に水がつやりと滴り

グレイの空のした光が静かにかがやき

命の色濃い翠たち

初夏の思い出が刻まれていく












SNSがあれば毎日のように連絡できて

まるで距離を越えているかのような錯覚

でも本当はもっと近くにいてくれたらなあなんて。

遠くにきたのは自分たちの選択

寂しいけれどいつも見守って支えてくれる

元気でいてくれる

それだけでもなんてありがたいことだろう

ありがとう
ありがとう

 いつまでこんな行ったり来たりできるかわからないから

今のこの瞬間の思い出を

大事に大事に心に刻んで

それが娘や息子の心にも温かく残りますように。

祖母に姉に親戚や母の友人 

たくさんの贈り物もいただきました

この場をかりてお礼もうしあげます

ありがとうございました。

感謝の気持ちで心が満たされるとき

とてもあたたかく優しく心地いい 

いつもこんな状態にいれるようにしたいなあ

遠くにいるみなさまに

想いを馳せます















2017/07/07

夏野菜とモッツァレラ

今日は朝5時半から起床

なんか食べたい目覚まし娘

おねがいやから寝かしてコール

容赦なし

そのおかげで昼前からお昼寝してくれて

久々にゆっくりお昼ご飯

サラダのフルコース堪能

夏野菜とモッツァレラは最高のコンビ

夏になったらこればっかり

 生のズッキーニを薄切りと空豆にレモンバジル

 トマトの湯剥きに生ハム

 生のビーツに紫キャベツとフランボワーズ

全部レモン汁かバルサミコと塩にオリーブオイルのみ

とても素敵な料理本をみつけたから

また料理が愉しい 
白いお皿の魅力も再発見
 あーしかしよう食べた

授乳中の胃袋底なし